BMIと適正体重 保健統計で飲酒とBMIを調べて以下の結

BMIと適正体重 保健統計で飲酒とBMIを調べて以下の結。>年齢が上がるほどBMIは有意に高くなる。保健統計で、飲酒とBMIを調べて以下の結果が出ました n 相関係数 自由度 検定統計量 有意確率 34 0 16 32 0 94 0 355 これからわかる結果を書きたいです 例) 年齢とBMIは中程度の正の相関があり、年齢が上がるほどBMIは有意に高くなる よろしくお願いします ?有意ではないこと ?ほとんど相関がないこと を上手くまとめたいです BMIと適正体重。の普通体型内の許容範囲~で。体重に換算するととあって驚き
ました。普通体型以外の項目ははまめに設定されているのに。普通体型だけ幅が
広いんですね。謎です。肥満指数BMIと死亡リスク。しかし。アジア人では以下でも型糖尿病や循環器疾患の発生リスクが高く
。と体脂肪率や体脂肪分布の関係にも人以上の人々を対象に行われた研究
では。東アジアと南アジアでと死亡リスクの関係に異なるパターンが見られ
ました。死亡率に影響を与えうる以外の要因年齢。地域。喫煙。飲酒。
高血圧の診断歴。糖尿病の診断歴。余暇のスポーツ?運動について。それらの
偏りが結果に影響を与えないように。ハザード比には統計的補正が施されてい
ます。

保健統計で飲酒とBMIを調べて以下の結果が出ました。いずれかを含む。保健統計で飲酒とを調べて以下の結果が出ました

>年齢が上がるほどBMIは有意に高くなる。そういう表現は,ありません。相関の有無が検定となるので,例の場合ならば「年齢とBMIは中程度の有意な正の相関がある」のような表現になります。だから>有意ではないこと>ほとんど相関がないことという言い方もしません。有意でない,ということは,相関が認められなかった,相関係数0を棄却できなかった,ということです。だから,その段階で,「ほとんど相関がない」ということではないのです。検定を行うのだったら,その結果は,有意な相関は認められなかった,ということになります。有意でない相関0の可能性があるので,ほとんど相関がない,ということは矛盾してしまいます。逆に言えば,>ほとんど相関がないことに注目するなら,検定を行わないことです。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です