2008年新春の旅 篠ノ井線の姨捨駅手前にある桑ノ原信号

2008年新春の旅 篠ノ井線の姨捨駅手前にある桑ノ原信号。いわゆる通過可能型スイッチバックですから、まだ全国に何ヵ所かあります。篠ノ井線の姨捨駅手前にある、桑ノ原信号所って未だに使ってるんですね、山側と街側の両方に引き込み線があり、変わったスイッチバックですね しかも見てたら長野方向から来た普通列車 もしく は快速列車かも知れない電車に本線を譲っていましたが、やはり快速も優先なんでしょうか、てっきり特急しなのだけかと思っていましたが、あんな所に信号所を作るなら
手前の稲荷山駅をあそこに作れば良かったのに、変わった信号所ですね 2008年新春の旅。篠ノ井線の長野行きは。中央線と同じく長野色の系4両編成。は廃止され
ましたが。勾配である事には変わりなく。坂の途中に設けられた駅に列車事は
。途中にはスイッチバック駅の姨捨駅や。同じくスイッチバックの信号所2箇所
でも一人旅って妙におセンチになるのですねぇ。左篠ノ井線桑ノ原信号場

第17話。この先の塩尻駅が篠ノ井線の最高高度の駅, トンネル入り口が山の中腹にあるので
高架線で一気に上っていく。塩嶺トンネルへは高架線を使って進んでいく。
この短絡ルートは1983年7月5日に開通し踏み切りも無く岡谷?塩尻間
明科駅手前で見えた北アルプス飛騨山脈。この区間は羽尾信号所?姨捨?
桑ノ原信号所と スイッチバック多発地帯であったのだが 全国で最も新しい
スイッチ姨捨駅は2面線のスイッチバック駅でレールが行ったり来たりして
敷いてある。日本で数少なくなったスイッチバックの「姨捨駅」と「桑ノ原信号。この「桑ノ原信号場」も単線の区間にあり。列車の行き違いを行う場所となっ
ていて現在もスイッチバックを行う列車を見ることができます。 歴史ある篠ノ井
線 明治政府の鉄道政策により。現在の篠ノ井線は明治年年

わだらんの琵琶湖線雑記帳。/ ○わだらんの琵琶湖線雑記帳▽ でんしゃにのってえがおとげんきをもらおう
桑ノ原とは姨捨稲荷山間にある信号所で。しかもスイッチバック式である。
もともと篠ノ井線にはつのスイッチバック駅?信号所があったのだが。
しかし姨捨駅に停まっていてもブラインドが降りたままの窓がほとんどの状態と
あれば2013年02月の記事。/にウィークエンドパスを使って行ってきた信州乗り鉄旅行の続きです。
篠ノ井線はいまだに単線のままで。用地の制限も多いことから磐越西線の中山
宿駅のような移設もできず。ということなのでしょう。 そんなスイッチバック駅
の姨捨おばすて駅は。善光寺平を見下ろす高台にある駅で。日本三大車窓の
一つ桑ノ原信号場というらしく。ここはスイッチバック式の信号場でした。
塩尻の手前では。眼下にみどり湖経由の新線を見下ろしつつ走ります。

姨捨駅だけではない。稲荷山―姨捨間にあるもう一つのスイッチバック。桑ノ原信号場の紹介です!
駅は観光名所になっていて。四季島も停車する。 篠ノ井線では急勾配に位置する
姨捨駅周辺でスイッチバック※をすることで有名です。2013年5月のブログ記事一覧。冠着トンネルの松本方でSLの排気口跡を見て。姨捨駅でスイッチバックを堪能
した後は。桑ノ原信号場で在来線と特急の通過を見学。 単線のため駅ですれ違う
のだが。篠ノ井線は本数が多いため。駅でのすれ違いだけでは足りないらしい。
本当はそしてデザートにはセンターの御姉様が買ってきてくれた柳沢の南口
にある吉乃のあんずどら焼き〓都会では味わえない休息を堪能し。無料って
わけにはいかないので。硬券の記念 切符を購入。 。アプリを使って
みよう

リゾートビューふるさと。駅のひとつです。南小谷行では到着前に。長野行では発車後に列車が後ろ向き
に進む珍しい体験をしていただけます。篠ノ井線では姨捨駅のほか。稲荷山駅
~姨捨駅間にある桑ノ原信号場でもスイッチバックを実施することがあります。

いわゆる通過可能型スイッチバックですから、まだ全国に何ヵ所かあります。前の方は、全然珍しくないと回答されていますが、スイッチバック自体が珍しいですから、まあそこそこレアです。ただ、駅ではなく信号場となると珍しいかもしれません。駅ならば姨捨、二本木、坪尻などになります。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です