1多重比較とは 統計 t検定分散分析多重比較についてt検

1多重比較とは 統計 t検定分散分析多重比較についてt検。まず検定一般の手順に誤解があるようです。統計 t検定、分散分析、多重比較について

t検定、分散分析後の多重比較の結果の解釈がわからず、困っています

例えば、とある新薬のA薬とB薬の効能に差があるかを調べるため、薬条件(A 薬、B薬)を独立変数、効能を従属変数とするt検定をします すると、A薬の方がB薬より有意に効果的であるとわかりました
そこで、次はさらに別の新薬も加えて効能に差があるのかを調べるために、C薬も加えて、薬条件(A薬、B薬、C薬)を独立変数、効能を従属変数とする分散分析を行いました 結果は有意であり、多重比較のt検定を行いました すると、A薬とC薬の間には有意な差が見られましたが、A薬とB薬の間に有意な差は見られませんでした

ここで問題なのですが、最初のt検定で得られた「A薬はB薬より効果的」という結果は、間違いであった、また、C薬も加えることで否定された、ということなのでしょうか

仮説的には、先行研究の追試的にまずA薬B薬の比較をする その後C薬も加えて3条件での差を見る…ということをしたかったのですが、この場合最初から3条件での分散分析をして、その後の多重比較でのt検定の結果によって、AB間の差を見るのが妥当なのでしょうか

非常に稚拙な文章で申し訳ないのですが、教えていただきたいです 多重比較法とは。多重比較法とは◇ 群の平均値を比較するには 検定を用いる。 群以上の平均値
の比較には分散分析を利用する。分散分析は対象とする全群に対して一度に検定
を行うため。全体的な平均値の相違を把握できるが。どの群間に有意差があるか

私のための統計処理。結果を分析する前に,理論的な背景などにより,比較する平均値についての仮説
がある場は。 抜きで。, ┳交互作用なし┃, ┳群間比較→→→
各要因ごとの多重比較┗群内比較→対比の検定不要, 一致, 正規分布, 等
分散, ?多重比較検定としてほとんどの場合に使用できる。多重統計量を
用いる。1多重比較とは。分散分析のところでも述べたが。多群の比較をおこなうのに例えば2標本t検定
を繰り返すと有意水準があまくなってしまうのである。 ,,の3群について。
-,-,-の すべてについて2標本t検定を行うと。それぞれについて統計学入門?第4章。データが計量値で標本の数が多数の時に。平均値について色々な推測をするには
分散分析。 。アノーバと呼ばれる手法を用います
。しかしそれは適切ではなく。本当はこの分散分析を用いなければなりません
。 検定は分散分析において標本の数が 多重比較 通常。分散分析は有意性
検定であり。しかも検定結果が有意になっても「各群の平均値が

Q3。第回 この新刊立ち読みコーナーでは,新刊『バイオ実験に絶対使える 統計
の基本』から,1項目ずつ抜粋してご紹介しています.このでは
散布図と分散分析について解説し,実際に値とその有意確率を求め方の例を,
データを用いて説明します.まず,使えません.分散分析を行い,有意差が
あるときは,いずれの群間で有意差があるかを多重比較で検定するようにしま
しょう.多重比較法Multiple。多重比較法は。分散分析 ; の下位検定とも呼ばれ。
水準間の平均値の差を比較する検定手法です。水準間の差を調べる方法として
検定を利用することも考えられますが。検定で群ごとの比較を単純に繰り返し
てしまうと。検定の多重性の問題が起こります。例えば。種類の治療法。
。についてそれぞれ比較する場合。検定を回繰り返すことになります
による統計解析初級編-コース

改訂増補版:統計検定を理解せずに使っている人のためにIII。この「改訂増補版。」では,群以上の場合の検定である,多重比較,一元配置
分散分析,二元配置分散分析,および,多重性???および???
についても同様に計算して値を計算し,分布で検定する.

まず検定一般の手順に誤解があるようです。>分散分析をして、その後の多重比較そういう考えではありません。全体の検定この場合,分散分析と多重検定は,仮説や目的がそもそも異なるので,順を追ってやる方法ではないのです。例えば,滋賀医大?小山氏の解説そのページ一番下を見ると分かりますが,ANOVA不要の多重検定が,たくさんあるのに気づくと思います。あるいは,弘前大?対馬氏の解説その p.141.6.5 分散分析との整合性「分散分析で帰無仮説が棄却された後に多重比較法を行う場合事後検定ともいわれるがあるが,これは理論的に誤りであることが明確となっている」あるいは,統計ソフトGraphpadの解説読むと分かりますが>ANOVAが有意でも,多重比較が有意とは限らない>ANOVAが有意でなくても,多重比較が有意となることもあると書かれています。そのページ,下から2番目の項目Are the results of the overall ANOVA useful at all?your experimental questions are more focused and answered by multiple comparison tests post tests. In these cases, you can safely ignore the overall ANOVA results and jump right to the post test results.元々,多重比較に興味があるのなら,ANOVAの結果は無視してもよい,と書かれています。だから,あなたの場合も,群間比較が目的なら,分散分析は不要です。それから,>A薬とB薬の効能に差があるかを調べるためという手順も間違いです。>先行研究の追試的にまずA薬B薬の比較をする。>その後C薬も加えて3条件での差を見るという文章を再読してほしいのですが,検定する以前に,既に,A, B, C の3種の比較を決定しているのでしょう?すると,この段階で,既に,3群間の比較となり,その結果で,過去研究を検証するのです。2群の検定をやり,その後,3群の検定を行う,という手順は,このこと自体が検定の多重性を招くので,望ましいことではありません。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です