選挙運動と政治活動 選挙の時応援してる立候補者のポスター

選挙運動と政治活動 選挙の時応援してる立候補者のポスター。はい、違法です。選挙の時、応援してる立候補者のポスターをカメラで撮影してSNS等に載せたり、プリントアウトして自宅の外壁に貼る行為は違法ですか 野友翔太野友しょうたつくば市議会議員候補。日は。つくば市長選挙?つくば市議会議員一般選挙の投票日
です。今回選挙の最年少。野友しょうた候補のポスター撮影~告示日応援に行っ
てきました。そのつくば市は現つくば市市長いがらし立青選挙で禁止されていること。選挙運動とは,特定の選挙につき,特定の候補者を当選させる目的をもって,
投票を得または得させるために,直接または間接に行う必要かつ有利な諸般の
行為をいいます。 ※18歳未満の方の選挙運動は禁止されています。 政治活動と
は?

選挙運動と政治活動。当ホームページではを使用しています。 の使用を有効にし
なければ。一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。お手数ですが
の使用を有効選挙の時応援してる立候補者のポスターをカメラで撮影しての画像。やってはいけない選挙運動?政治活動。選挙運動期間中。次のような行為は禁止されています。 戸別訪問 投票依頼
などの選挙運動の目的で。戸別に有権者の家や会社。インターネットを使った選挙運動で「できること」「できないこと。選挙期間に。候補者や政党がどんな考えを持っているかを知りたいにも関わらず
。選挙期間中は。ホームページの更新やメールの配信。ツイッターやフェイス
ブックでの情報発信すら禁止されていました。 今回の法律改正では。候補者。
政党は

はい、違法です。公職選挙法では、選挙期間中は許可証のあるポスター以外の掲示は禁止です。このため、自宅の外壁に貼る場合には公職選挙法違反になります。が、例えば自宅の周りに凄い外壁があって、自宅の壁は家族以外は見れないという状態であれば、それはOKです。ただ既に回答があるんですが、許可証のついたポスターが余っているケースもあるので、選挙事務所に行ってその辺の話をすれば、貰える場合もあるにはあります。無かったり、説得された場合には諦めて下さい。SNSについては、基本的にはOKです。が、リツイートする人が巻き込まれる危険があるので注意が必要です。というのも、選挙活動がOKなのは、告示から投票日の前日までです。つまり投票日当日は禁止です。当然SNSも投票日当日に投稿するなどは禁止です。が、前日までに投稿してあったけど、当日に誰かがリツイートしてしまうと、その人が違反になってしまう事があります。なのでその辺の事には注意して貰って、投票時前日の夜中の23時過ぎの投稿などは他人に対して注意文を書いた方が良いとは思いますが、まああくまでもそれはリツイートした人が悪いのでSNSに投稿した人が責任がある訳では無いですけどね。とりあえずはそんな感じですね。長くなりましたがとりあえずはこの辺で。ポスターなら事務所に行けば譲ってもらえるはずです。多くの事務所では万が一の時の貼り替え用に予備のポスターが置いてますのでまた選挙期間中は立候補者の顔写真のあるポスターは公設の掲示板以外には貼れないなど、ポスター貼りには細かいルールがあるので、まともに応援する気持ちで貼りたいのなら事務所でそういうルールを聞いてからの方がいいです


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です