恒久的施設 外国法人が日本に拠点を置く際について法律や税

恒久的施設 外国法人が日本に拠点を置く際について法律や税。建物を所有してそこに営業を行う人間が常駐しているのですから、外国法人の支店として日本の税金が課されます。外国法人が日本に拠点を置く際について、法律や税金等に関して教えて下さい 某国の法人が、日本に数名の日本人(某国語に堪能で、当該法人構成員と密接な関係にある日本人)を雇い、日本の顧客との日常的なやり取り、取引、交渉、事後対応(アフターケア)等を行ってもらう事で、某国からの出張?通信等の経費や日本語人材確保の負担を軽減する事が目的です
そこで人件費、事務所維持費、運営経費等は数か月毎に送金するとして、
連絡事務所は都内の数階建てのビルを購入し(すでに数件の候補有り)、下層階を事務所、上層階を社宅として雇用した社員に利用してもらおうとしています

そこで質問です

① その際、社として付加される税金は固定資産税くらいで、事務所維持費として支払えばいいのですよね

② 社員らのへ給料は、人件費として事務所に他の費用と共にまとめて送金後、事務所の会計責任者が毎月、契約額に従って個別に支給する予定なのですが、事務所として税金や社会保険を源泉徴収して、納付する義務がありますか
本社としては、(当該国の法制度、税制度からして)税金や社会保険は社員らが個別に申告して治めるものであり、会社が社員個々人の給与から源泉徴収する必要は無い筈ではと考えているようなのですが、日本では通用しますか

③ ②と関連して、事務所を通じて給料を支払う際に、源泉徴収等が義務付けられるのであれば、送金手数料は惜しいものの、本国法人から社員らの口座に個別に送金すると言っているのですが、これって日本で通用しますか

④ 事務所上層階を社宅として提供した場合、社もしくは利用者(2~3人の社員)に何らかの税や負担が生じますか
(社としては高い給与でもない上、サービス?商品によっては、また時季によっては、本社からもしくは顧客からの連絡に24時間対応してもらいたいから、事務所至近に居住してもらいたいとの由)

⑤ 要はこの法人は、固定資産税、事務所維持費(施設、不動産的な意味での)、事務所運営費(人件費、通信費、顧客対応経費)のみで、日本に事務所を構え、予定では2~3人の日本人社員を雇い、上述した業務を行わせたいみたいなのですが、日本の法制度?税制度上、可能でしょうか

ちなみに私は当該法人の経営者と15年ほどの付き合いがあり、年明けからは日本で当面過ごす予定故、責任者の一人(当該国言語の通訳?翻訳、書類作成を主たる業務担当)として如何かと打診され、あれこれ話を進めていく内に、法律や税金等の話となった次第です

従って、税理士?弁護士に訊けとか、役所に訊けとか言う回答はやめて下さい 物理的に不可能な上、費用のかかる事は給料をもらう前からしたくはないので
またIT弱者なので、ネットで検索しろと言われても、何事においても上手くいきません 日本支社?日本支店?駐在員事務所の比較詳細解説。日本支店は日本の法律上営業所と呼ばれるものであり。基本的には日本支店は
外国法人の営業所の一つとなります。そのために。設立の際の手続きに関して
法定費用が少なく済むというメリットがあります。権利義務の帰属主体は。
権利の行使。または義務が日本にある法人等になるのか。それとも外国会社本社
になるのかという点について。拠点形態ごと違いがあります。②日本の活動で
発生した利益に対する法人税の課税範囲はどのようになっているか?

No。非居住者及び外国法人以下「非居住者等」といいます。また。「恒久的施設
」を有しない非居住者に対する使用料等の対価については。源泉分離課税の対象
とされます。国内法上の恒久的施設と異なる定めがある場合には。その租税
条約の適用を受ける非居住者等については。その租税条約上の 非居住者等
が国内に置く代理人等で。その事業に関し。反復して契約を締結する権限を有し
。又は契約締結のために反復し税について調べる メニューを閉じる外国法人に関する源泉徴収の免除証明書。所得税法では。外国法人が。国内において人的役務の提供に係る対価。配当。
利子。または使用料等の国内源泉所得を外国法人が日本国内に恒久的施設を
設けて役務提供を行う場合。「源泉徴収の免除証明書」の発行により源泉徴収を
内国法人である弊社は。ソフトウェアの開発?保守業務について。X国に本店
が存在する外国法人Y社へ業務行われるものの。実質的な税負担額は法人
税のみとなりますので。所得税に関しては。①日本と各国の租税条約に

外国人&外国法人が日本で課税される所得=「国内。同時に。その物品販売等の事業活動を行った国?所得を得た国?“所得源泉地国”で
ある日本においても「外国人&外国法人の外国法人が日本で法人税を課税され
る日本国内源泉所得一覧法法条外国人個人については所得税法第
条号から十二号まで。外国法人については。法人税法第条の一号から十一
号までに。それぞれ列挙されている。給与の源泉徴収がポピュラーだが。日本
国内に住んでいない外国人や。日本に支店などの拠点を持たない外国法人が稼得恒久的施設。税理士法人は。恒久的施設について説明しています。も。日本国内に
恒久的施設を有していない場合には。その非居住者および外国法人の事業所得は
日本で課税されることはありません。国内法においては次のつに区分され
ています法人税法条。法人税法施行令条。条。所得税法条。
所得税法施行令条。条。なる「総合主義」に基づく課税が行なわれ
ていました支店の場合が。外国法人等に対する課税原則について。年

外国企業の会社設立手続き?必要書類。営業資産の売却については。名義変更の必要に関し。各州の規定に則って行わ
なければならない。 現地法人株や営業資産を売却する場合の税務上の手続き
現地法人株や営業資産の売却益に対し。

建物を所有してそこに営業を行う人間が常駐しているのですから、外国法人の支店として日本の税金が課されます。①日本の法人税、法人住民税等も申告納付しなければなりません。売上が発生するのであれば、当然ですが消費税も申告納付しなければなりません。②当然ですが、社会保険等の加入義務もあります。源泉税の納付義務もあります。③かまいませんが、②の義務がなくなることはありません。④次に該当する場合は課税関係は生じませんが、該当するようには思えません。また、社員以外の人に賃貸している場合は、当然に該当しないことになります。 1.常時交替制により昼夜作業を継続する事業場において、その作業に従事するため常時早朝または深夜に出退勤する使用人に対し、その作業に従事させる必要上提供した家屋または部屋 2.通常の勤務時間外においても勤務を要することを常例とする看護婦、守衛等その職務の遂行上勤務場所を離れて居住することが困難な使用人に対し、その職務に従事させる必要上提供した家屋または部屋 3.次に掲げる家屋または部屋1早朝または深夜に勤務することを常例とするホテル、旅館、牛乳販売店等の住み込みの使用人に対し提供した部屋2季節的労働に従事する期間その勤務場所に住み込む使用人に対し提供した部屋3鉱山の掘採場これに隣接して設置されている選鉱場、製錬場その他の附属設備を含む。に勤務する使用人に対し提供した家屋または部屋4紡績工場の工場寄宿舎その他の寄宿舎で事業所等の構内またはこれに隣接する場所に設置されているものの部屋⑤外国法人の支店として活動することは可能です。Clさんの意見に追加4、税務署から、家賃相当額が給料と認定される可能性がある。cloさんの仰る通りですね。外国法人など関係ありません。日本国を使っている以上は日本の租税法に従って下さい①もっと色々かかります。②通用しません。③通用しません。④生じる場合があります。⑤税務上は不可能です。いわゆる無料の「ちょい聞き」で済ませられる話ではありません。ちゃんとやるなら専門家への確認有料が必要と進言するのが貴方の次のステップです。無理なら子法人設立など諦めて下さいとお伝えすべきですね。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です