平成22年度 看護師をしています点滴の際に23G翼状針に

平成22年度 看護師をしています点滴の際に23G翼状針に。何速で滴下しましたか。看護師をしています
点滴の際に、23G翼状針にて、点滴を行いました
血管があまり出ていない患者さんで、尚且つ、右手は動かすので、左手背に打つようにお願いされました
左手背は、毎 日2回穿刺をしているため、血管がつぶれており、かろうじて、怒張した細い血管に穿刺しました
穿刺時に痛いと言われたため、滴下を確認し漏れや、逆血を確認しましたが、きちんと血管留置出来ていたため、そのまま様子を見るか、再穿刺するから確認しましたが、様子を見るとのことで、穿刺したままにしました
異常があれば声をかける様、説明しました

40分後、抜針に行ったところ、
途中から左手指のしびれと冷感がでて、持続してると言われました

すぐに主治医へ報告し、診察をして頂きましたが、麻痺などはないため、温罨法で様子を見るように言われ、温湿布にて対応しましたが、夕方になってもしびれが持続しているため、心配しています

麻痺はなく、握力の低下もありませんが、しびれはとれるのでしょうか

患者さんには何度も謝罪しましたが、
大丈夫、気にしないでいいからとおっしゃってくださり、申し訳無い気持ちと、
今後の症状が心配でなりません

位置的に正中神経を傷つけたのだと思いますが、どなたか、経験をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お願いいたします

拙い文章での質問、申し訳ありません 点滴の看護技術。ここでは。点滴の看護に関して詳しく説明していますので。適切なケアを実施
できるよう。看護師の方は是非参考にしてみて下さい。翼状針を使用して1回
のみの静脈内注射を行う場合は。針先端まで薬剤を満たしておく。

採血。ねーねー,今ね,採血を見学してたんだけど,なかなか血管に針が入らなくて
看護師さんが苦労してたの. 採血って大変肘正中皮静脈など,駆血帯を巻いた
ときに隆起してきた血管で,太く弾力があり蛇行していない部位. どうして駆
やむを得ず,点滴している腕から採血する際は,刺入部より末梢側のできるだけ
離れたところを穿刺します. あ,そうかしてね. 採血針は?
よ.点滴中。点滴をしている間。腕に針が刺さっていると思っている人が多いのではない
でしょうか。知っていましたか。実は点滴って針が刺さっているわけではない
のです提供。アフロと看護師さんや医師に聞いてみるといいでしょう。
場合や6才未満の乳幼児。ショック症状またはショック状態に陥る危険性のある
患者のうち翼状針による静脈留置が困難な場合に限り算定できます。

平成22年度。午前中の造影の血管確保は放射線科外来看護師が行っている。点滴挿入困難な
場合に関しては放射線科医師に依頼することになっているが今回依頼しなかった
。インジェクターから直接造影剤の注入を行っている。翼状針を使用してた

何速で滴下しましたか?血管の出にくい患者さんは多いですが、手または腕を数回叩いて、うっ血させれば、血管は出るものです。手の甲はドクター指示でしたか?40分間では、短い時間での点滴ですね。正中神経は多分、大丈夫と思います。もし、正中神経麻痺になったら、母指?示指?中指及び手掌の感覚障害と母指球筋の萎縮が起こるはずです。手の痺れ感や母指の対立と外転運動が障害され、物がつかみにくくなります。穿刺?留置後は、穿刺部分を完全固定しましたか?後期研修医安心してください。大丈夫です。しびれ症状は自己申告だから難しいですね。またメンタルにも左右されます。しかし、もししびれが本当だったとしても、数週にわたり続く人は数百人に一人。3ヶ月にわたり続く人は、確か数千人に一人ぐらいだったはずです。正中神経の可能性もないと思います。背側でなく掌側ですし。他の回答者様が、筋肉の萎縮に言及されていますが、それは、しびれや筋力低下と違い、たちどころに出るのではなく、神経が障害された結果、徐々に出てくるものと思われます。ともあれ、様子見で良いと思われます。数千人、が、仮に6000人であれば、5999人は症状が消えますので。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です