宇宙の不思議 地球は慣性の法則で回っていますが回転を止め

宇宙の不思議 地球は慣性の法則で回っていますが回転を止め。地球の自転を「慣性の法則」と呼ぶのは微妙です。地球は慣性の法則で回っていますが、回転を止めたらどうなりますか よくあるご質問。あれも慣性が働いているからです。電車が一定の速度で走っている限り。慣性の
力を乗客が実感することはありません。力を感じるのは加速や減速するときだけ
です。もし。地球が突然自転を止めたら。地上のあらゆるものは地球が回ってい
た質問5。もちろん。地球に外からの力がまったく働いていないわけではありませんが。
地球の回転を止める方向の力ではないために。コマを手にとって机の上で回す
と。最初は勢いよく回っていますが。だんだんと回転の速さが遅くなってきて。
ついにはこれを「慣性の法則」と言います。宇宙の果てはどうなっているの

1。によって,水平方向に電車のもとの速度 のまま進み,その結果,おもりの落下点
は糸を切っ た真下よりも前方になる同図?。つまり,水平投射をする。ここ
でも,水平方向には,車 内の人もおもりも電車とともに移動しており宇宙の不思議。Q 宇宙船内で円形レールの内側をおもちゃの車が走ると。どうなるだろうか?
すると。固定されていないレールは。車輪とレールの摩擦力の反作用で。車の
進行方向と反対向きにまわり出すのだ。 「宇宙船内それだったら。宇宙飛行士
は。物をつかむことができなくなってしまう。ところで。無重力である地球
周回軌道で。なぜ。クレーンのような機器が必要になるのだろうか。その速度
は「慣性の法則」から。宇宙飛行士が船外に出ても変わらない。

地球の自転を「慣性の法則」と呼ぶのは微妙です。「慣性の法則」というのは、厳密には「力が加えられなければ等速直線運動する」ということだからです。ただし、広い意味では、地球の自転のような運動も慣性の法則と呼ぶこともあるので、完全に間違いとは言いませんが。回転を止めたらどうなるかですが、急速に止めるかゆっくり止めるかによって変わります。自動車に乗っていて、急ブレーキをかけるか、ゆっくりブレーキをかけるかによって変わるのと同じです。また、完全に自転が止まったら、1年と1日が同じになります。すなわち、朝、日が昇って、お昼になって、夕方日が沈んで、夜になって、また、朝、日が昇るまでに1年かかるということです。inoさんが言われている「太陽が当たる半面はずっと昼、裏側は夜」というのは、1年に1回転自転している状態です。自転が止まった状態ではないので、間違えないように気を付けてください。また、kamさんが言われているような、自転が公転に影響するなんてことはありません。もちろん、太陽に衝突するなんてことはありません。間違えないように気を付けてください。地球の自転をいきなり止めたら地球上にいる動植物や人間や水や海や山などが宇宙空間に向けて吹っ飛ぶと思います。地球の公転も吹っ飛ぶと思います。その吹っ飛ぶ方向は違うと思いますが。時点の場合は地球の地軸を中心として同心円状に吹っ飛ぶ。公転の場合は進行方向に対して吹っ飛ぶ。車が急ブレーキしたら車の進行方向と同じ方向に吹っ飛ぶのと同じ原理だと思います。自転速度よりも公転速度の方が速いので同時に止まった場合は公転速度が止まった影響の方が大きく出ると思います。とてもゆっくり止まった場合はこの影響がとても少なく出ると思います。自転が止まった場合は遠心力が小さくなる分、重力が重くなりますが北極点や南極点と同じ重力になるくらいで、ほとんど影響はないと思います。止まった後、もしくは止まっていく過程では地球は太陽の引力に徐々に引かれていって、太陽にぶつかって灼熱のなかに突入して太陽に飲まれて溶けてドロドロになっていくと思います。地球を滅亡させる侵略する勢力があるとすれば地球の公転を止めたり、内側にズレるように爆撃したりすれば地球が滅亡してしまうことになりそうです。アメリカ政府が宇宙軍を創設する予定で日本政府も宇宙基本法を作ったり、宇宙開発戦略推進事務局や宇宙政策委員会を作ったりしています。遠心力がなくなりすべてのGがかかるからとにかく体がメチャくちゃ重くなります一度物理が得意な人は計算してみれば????もっとも回転が止まれば日光のあたるところは地獄の暑さと日光のあたらないところは地獄の冷却がきます生活できるところは限られます慣性なんかじゃ回ってないよ。自転速度は速くなったり遅くなったりを繰り返している。なんらかの動力があって、その力を制御するフィードバックがある。だから止めようとするなら、その動力を止めなくちゃいけない。止めたら、たぶん地球はばらばらになる。慣性なんていってるのは19世紀の遺物。止める時の速さにもよりますが、急ブレーキを掛けるような速さでは、地上に乗っている家やビルデングでさえ倒れて、軽いものでは吹っ飛んで行きます。もし公転がとまるようなら、遠心力で釣り合っていたのがなくなるので、一方的な太陽からだけの引力の影響を受けて地球は太陽に落ちて行きます。ところで普通に地球等の惑星が自転や公転しているのが、当たり前のようにされてますが、私はこれには疑いがある思いです。科学では宇宙に浮いている物質で中心に太陽恒星周りに惑星が出来た関係で、果たして惑星が公転になったかです。 それで冥王星よりもはるか遠くに迄、果たして公転のスピードが伝わって行く事が出来たでしょうか?ハンマー投げなら人が重りにヒモを付けて回してくれます。しかし太陽サンが惑星にヒモを付けてません。 そして例えば水道の水を洗面上の穴を塞いで一杯に入れて、それからその穴を開けると水がそこに落ちて行きます。水が少なくなって行った時に水の渦が起きます。未だ水がタップリの時は上で渦が起きてません。穴に近くなって行って、始めて渦になって行く事に似て、周りにある物質があっても、近くにあって回転が起こるようなものです。遠くになるほど、単に物が浮いているような状態です。遠くにある物が太陽に引き付けられて来て、近くに来てようやく回り始めます。しかしその水もその穴に落ちて行きます。科学では周りの物質が集まって太陽や惑星になっているとしてますが、この例を考えると遠くからも太陽が引っ張って来るだけで、とても惑星が回転公転になるように思えません。それからもし全体の遠くまで回転になっているのでは台風の例があります。これは回りに十分な雲の群れがあります。そして中心は寧ろ穴が開いてます。即ち恒星が1つ独占して重さを持つようにはならないのです。しかし太陽の重さは99.85%で,外の惑星の重さが残りという事です。ところが公転している惑星を考えると,全ての惑星は重さが配分されていなくてはならないのです。それでなければ公転の力が遥か遠くまで及びません。 公転の力が遥か遠くまで及んでいるのでは,恒星の重さも外の惑星と同じような比率にならなくてはならない事になります。こういう事で恒星太陽は,木星程度の大きさにさえ成り得たかも疑問です。惑星と比べると太陽が極端に巨大なのですが,これはもし遠くまで重力の力が及んだとしますと,引き付ける力で地球はおろか木星も遥か遠くの冥王星でさえ、ただ引き込んで来てしまう筈です。それは上の洗面上の穴に例えました。ところが遥か冥王星でさえ公転になっています。それで私はこれは恒星や銀河は、初めから塊で出来ていたと考えてます。私の考えている宇宙は空間で広がった事がなくて、空間は元からあっただけです。この中で宇宙全ての物質で広がりと集まりを繰り返されて来ました。集まった勢いの反動の反発で、全ての物質が広がりました。この時に銀河が分かれ出たので、これは最初から塊です。そしてこの銀河から分かれ出たのが恒星です。それから惑星が出来た理由が、恒星から飛び出た物質が集まったというものです。この飛び出た勢いで集まって来た事で自転にもなってます。こういう事で回答しているので先ず載せてみます。なお見つけられませんという事で出るのがあるのですが、それは下と入れ替えて見て頂ければと思います。 さて物質だけが動いて来たので,恒星や銀河も出来上がって来た時は,隣り合った物同士の摩擦などで回転になって行きました。そして惑星は,恒星から飛び出た物質から出来たので,恒星の自転の力をそのまま受け継いだのです。 なお木星などのガス惑星が遠くに大きく多くある訳は、ガスだけに軽かったので重力の影響も少なく遠くに飛んで、太陽の中でも多くの量を占めていたからです。さて惑星になる物質が太陽の周りを回っていると、太陽の自転面が一番安定してる訳です。それで最初は太陽を取り囲んで全体にイタズラに取り巻いていたのですが、回転してる物質が一番速く回っているのが、太陽の自転面です。それで外の周りの物質が、その勢いの方に重力で引かれて行きました。外の例えば太陽の登頂にあったような物は、回ってなかったようなものです。それも自転面に落ちて来ました。それから海王星や冥王星の軌道面ですが、 遠くになるのに従って、太陽からの重力の影響が少なくなってます。これは元々が太陽から飛び出た物質であった為に、太陽を中心にして周りを囲ってました。それが太陽の重力が強く及ぶ辺りでは太陽の自転面に物質が落ちて来ました。海王星の塊では質量も大きいので、引き合う影響も未だ強かったのです。しかし遠く離れるほど太陽の自転面に落ちる安定性が欠けた為と、ある意味なるがままに集まった勢いで軌道面を作ったのでズレたと思います。そして冥王星が質量が小さい為にこれが現れて、位置的に同じような距離なのに、海王星ではそうでもなかった事になります。ちなみに極端な楕円になっている彗星があります。これは遠く離れて蒸気だったものが、遠くで氷で固まった事が原因です。それで氷の塊では軽かった為に、太陽に落ちて来たのですが、しかし太陽に衝突もしないで近づいた重力で大きく振り回されて、また遠くから来た道へ投げ出されて極端な楕円になったのです。遠くで蒸気が氷になったのは、惑星になる材料が太陽恒星から飛び出た物質で出来た為です。そして多くは海王星や外の衛星などの材料になったでしょうけれど、余ったものが彗星や土星等の環の材料になった考えです。これらは蒸気であった為に、固まりにもならずに浮いていて、外の他の惑星が出来た後で残って、彗星や環の材料になった考えをしてます。それで土星などの環です。科学でもこの原因が分からないとされてます。先ず殆ど周りにあった物質は、土星などの本体に吸い込まれたでしょうし、そして幾つかの衛星の材料になった訳です。主に氷だけが分かれて環になっています。さて土星や衛星が出来た時は周りの物質が集まって出来ました。これは近くの物同士は重力で引き合って、いわば数珠つなぎという状態です。そして太陽からの遠心力と求心力で釣り合う場所に物質が集まったので、この場所には結局大きなこれらになったのです。これが軌道という場所ですが、ここで大きくなった物質は殆ど全てと言ってもいい程大きな塊で集まってしまいます。それで主に氷だけでバラバラで残っていたのは上で説明したような理由です。氷になるのに時期が遅れたのです。すなわちそこに飛び出た物質は高熱であったので、水は水蒸気状態であった事です。多くはこれでも土星や衛星にも含まれたでしょうけれど、水蒸気で残っていて、土星本体や衛星がほぼ完成していても、その時に水蒸気だけに重力の力が弱く衛星に吸い込まれなくて、後でこれが氷になった訳です。その位置がバラバラで、そして氷が軽いので重力も弱かったので大きな塊にもならずに、結局は離れ離れながら軌道を作って環状になったというのが私の考えです。ところで彗星の核は岩石のように言われてますが、そこに岩石のような物がなければ、全て氷の塊では彗星の大きさにならなかったかもしれません。それは土星などの環が小さな氷の塊の集まりのような物だからです。氷だけでは大きくなれないので、土星の環が出来ている証拠と思います。中心に岩石があって、それに氷がくっ付いて行って大きくなったのが彗星と思います。もし地球の自転が止まったら??とても面白いです。自転速度は公転速度に影響します。仮に自転にブレーキがかかって停止した場合公転にもブレーキがかかって公転速度は落ちます。公転速度が墜ちたら太陽の重力にあがなえなくなり太陽に引っぱられます。結果太陽に衝突して地球は消滅します。回転をしているのでそれを止めるととんでもない事態になりますねかなりの高速回転をしているのでまたよくある質問ですが回転を止めると太陽が当たる半面はずっと昼裏側は夜ほとんどの今の生活地球環境はなくなります想像して下さい。過去質も検索よろ


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です