北知本06 日本は太平洋戦争末期にソ連に参戦と領土譲渡南

北知本06 日本は太平洋戦争末期にソ連に参戦と領土譲渡南。何を言ってるのかさっぱりわかりませんが、ソ連の対日参戦は日本が一切関りのないところヤルタ会談の秘密協定における対日参戦条項で決まっています。日本は太平洋戦争末期にソ連に参戦と領土譲渡(南樺太?千島列島のソ連への譲渡)の大義名分を与えてしまいましたが,よっぽどですよね こんな大義名分ってそんな簡単に両方とも認められるようなことではないと思いますが もし日本が連合国側もしくは中立国側の立場であったとして,これらのことをソ連がやろうとしたら,確実にソ連が日本に対する侵略行為扱いをされたでしょうに 「千島?南樺太は日本領」。ソ連内務省が1959年に作成したソ連誕生当時22年の領土を表す地図が
見つかり。千島列島と南樺太は日本の領土と記されていた。米。日韓豪と同盟
強化へ 安保指針。太平洋に軍重点ソ連は戦前から。日ソ基本条約で認めた
ポーツマス条約を事実上否認して南樺太。千島樺太交換条約で日本に帰属してい
た千島の返還を主張しソ連の千島。南樺太に対する執着が大戦末期のヤルタ
密約につながり。中立条約を破った対日参戦で南樺太と千島列島を占領。

北方領土問題の経緯領土問題の発生まで。日本は。樺太千島交換条約により。千島列島=この条約で列挙された
シュムシュ島千島列島最北の島からウルップ島までべき大西洋憲章に署名
し。戦争によって領土の拡張は求めない方針を明らかにしましたソ連は同年月
にこの憲章へ参加を表明。しかし。当時まだ有効であった日ソ中立条約注
を無視してに対日参戦したソ連は。日本のポツダム宣言ロシア政治における「南クリルの問題」に関する研究。中国交回復といった国際情勢を背景として。ソ連側が日本に対して非公式に領土
問題の妥協案を提示した ことが先行ソ連時代にはソ連外務省アジア太平洋
局長として。ソ連崩壊後はロシア連邦外務省アジア太平洋地域担ぜソ連末期に
ゴルバチョフ大統領は「第二次世界大戦後の国境線の変更は許さない」という
立場を取り続クリル諸島とは日本語では千島列島のことであるので。南クリル
とは南千島を指す。第 の立場は。「いかなるロシアの土地も決して譲渡
しない」と

北知本06。年日魯通交条約で択捉島以南が日本領。ウルップ以北の 千島列島が
ロシア領に。樺太は両 年日露戦争の講和条約?ポーツマス条約で。 南
樺太を日本に割譲。 年日ソ中立条約を無視したソ連が対日参戦。現下
に進む事態とは。太平洋の権益をめぐる新たな帝国主義の始まりであるという
佐藤優の最近の言説の通り。外交における「不作為」がどれほど国益を損ねる
のか。いま1月。千島列島および南樺太の地域は日本が侵略によって奪取したものだとのソ連
グロムイコ全権の主張は承服いたしかねます。 色丹?歯舞諸島実際にロシア
帝国は年千島樺太交換条約締結まで国後?択捉島を。ロシア領土と主張
していた形跡はありませんでした。 しかし。ヤルタ会談で千島列島。南樺太は
ソ連に譲渡すると決定しており解決済みと主張しました。しかし。2月8日
極東密約と後世呼ばれるソ連による対日戦争参戦が確認されました。

ソ連が対日参戦:時事ドットコム。ソ連の参戦は。同年2月に開かれた米英ソ首脳によるヤルタ会談で秘密決定され
ており。その見返りに南樺太と千島列島をソ連に帰属させることになっていた。
ソ連との国境地帯に配置された日本軍は。主力を南方戦線に引き抜かれ。戦力は
著しく低下していた。これに対し。ソ連軍終戦特集~太平洋戦争の歴史~ /

何を言ってるのかさっぱりわかりませんが、ソ連の対日参戦は日本が一切関りのないところヤルタ会談の秘密協定における対日参戦条項で決まっています。日本は一切大義名分など与えていません。お互い攻撃しないよう日ソ中立条約を結んでいます。それをヤルタ会談によって一方的に破棄してきたのはソ連です。これに日本には非がありません。ですが、歴史は史実を伝えるものではありません。勝者が都合の良いことを伝えているのが歴史です。ですので、勝った側のソ連は侵略行為にはなりませんでした。それどころか勇気ある行動となっています。当時は


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です