フェノール類 フェノールと水酸化ナトリウム無水酢酸ハロゲ

フェノール類 フェノールと水酸化ナトリウム無水酢酸ハロゲ。ハロゲンは、フェノールのベンゼン環のC。フェノールと水酸化ナトリウム、無水酢酸、ハロゲンとの反応は、それぞれ付加反応や置換反応などでいうとどれにあたるんでしょうか フェノール類。そのため,水酸化ナトリウムなどの強塩基と反応し,ナトリウムフェノキシドが
できる。反応を考えると,炭酸水素ナトリウム炭酸の塩に対して,酢酸
カルボン酸は作用して酢酸ナトリウムになり,二酸化炭素が発生するが,
フェノールは作用しない。酢酸を用いてエステル化すると,が生成する
ので,この水によるエステルの分解が考えられ,それを避けるため,無水酢酸を
用いる。有機反応機構カルボン酸とその誘導体の反応。カルボン酸とアルコールを。濃硫酸などの酸触媒存在下で加熱すると。
エステルと水が生成し。原料との間に平衡反応が成立します。 この
反応では。サリチル酸のフェノール性ヒドロキシ基-がアセチル化されます。
アスピリンは。酸無水物の求核剤に対する反応性は。一般的にエステルよりも
高いですが。酸ハロゲン化物よりは低いです。この理由は。置換反応 無水
酢酸を加水分解すると。カルボン酸である酢酸に戻ります

Taro。フェノール類は弱酸なので,水酸化ナトリウムのような塩基の水溶液と中和して
塩をつ くり,水臭素水を加えると,,, -トリブロモフェノールの白色沈殿
が生じる。フェノールと無水酢酸を反応させると,酢酸フェニルが生成する。フェノール類名称?製法?性質?反応などを総まとめ。②ベンゼンスルホン酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜてベンゼンスルホン酸
ナトリウムを得る。 ③ベンゼンスルホン酸ナトリウム化アセチル化
フェノールは無水酢酸と反応してエステルを形成する。

ハロゲンは、フェノールのベンゼン環のC-H原子がC-XX:ハロゲンに置き換わるので、置換です。無水酢酸との反応はあまりそういう言い方はしないのですが、フェノールのO-HのHがO-CO-CH3に変わっていると考えれば、置換、といえるでしょう。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です