スピンのラーモア歳差運動 物理学の話でラーモア運動原子の

スピンのラーモア歳差運動 物理学の話でラーモア運動原子の。物理ですから原理的にはどのスケールでもおきます。物理学の話で、ラーモア運動(原子のような小さな磁気モーメントを持つ粒子が、磁場中にあると歳差運動を起こす現象)というのは、原子のような小さな粒子だけで起こりうる歳差運動なのでしょうか つまり目に見えるぐらいの小さな磁石では起こらないのでしょうか
もしもそうなら、どれくらいの小ささから起こるのでしょうか
(出来れば数式で教えていただければありがたいです)物理学の話でラーモア運動原子のような小さな磁気モーメの画像。磁気とは。こでこのめんどうなものは物理学者や電磁気学を専門磁気学の厳密な取磁気
の原因 デル化し。上図のような矢印で磁石を表わし,さらに すべての磁気は
電流から 磁力線をも省略するのが普通である。電流はこれと等価な磁石で
置き換えられることにな , スピン ,そして磁気モーメント をもつ素原子核
は陽子の場合のような小さな磁気をもつ場合がこのよう な電子を不対電子と
いい。これが磁気の素になる。注 意すべきことは 原子としては全体で磁気を
もつが,

スピンのラーモア歳差運動。磁気モーメントというのは,微小な電磁石のようなものであり,一様な静磁場を掛け
た時に磁力によって引き倒されそうになるのさらには原子の周囲を回る電子の
磁気モーメントでも似たような事が起こる今回の話ではスピンが作る磁気
モーメントがラーモア歳差運動を起こす様子だけに集中して説明するつもりで
ある

物理ですから原理的にはどのスケールでもおきます。ただ、巨視的になるとそれぞれのスピンが必ずしも揃っていないので、集団として歳差するわけではない。式では書きませんが、磁場との角度cosθが原子ごとにばらつくでもある程度揃っていると系全体を似たような運動させることができ、外部から周波数をスキャンして磁場を与えるとどこかで共鳴状態になり、そこから放出される電磁波を検出するのがNMRです。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です