これがおすすめ ピッチシフターとオクターバーについてです

これがおすすめ ピッチシフターとオクターバーについてです。素晴らしい説明ですね。ピッチシフターとオクターバーについてです ピッチシフターで1オクターブ下の設定することはできるのでしょうか また出来た場合オクターバーとどう違うのか教えて頂けないでしょうか エフェクターの種類。オクターバーの使いどころですがリードプレイ時やリフ。バッキングで
オクターブ下の音を加えてサウンドに厚みを出したりオクターブ違い続いては
オクターバーよりも細かく音程の設定ができるピッチシフターについて解説
いたします。オクターバー/ピッチシフター。は楽器のピッチを+/-オクターブの範囲でトランスポーズさせること
ができるピッチシフターです。つのモードでピッチアップ。ダウン。もしくは
アップ/ダウン同時再生を選択可能。ピッチシフト量はノブで選択するほか。

オクターバー?エフェクターについてエレキギター博士。ピッチシフターはオクターブを含む様々なハーモニーを作り出すことができます
が。オクターバーはオクターブ上下しか鳴らせません。 反面。オクターバーには
アナログ回路を採用している製品もあり。独特で重厚感のあるサウンドが人気
ですスタッフ小池のエフェクター研究室。本題ですが。オクターバーとは。 原音に対してオクターブ下の音製品によって
はオクターブ下や上の音もを 同時に鳴らすことのできるエフェクターです。 似
たようなエフェクターでピッチシフターと言うものがありますこれがおすすめ。ピッチシフター/オクターバー/ハーモナイザーとは オクターバー オクターブ下
の音を加え音に厚みを持たせたり。オクターブ上の音を加え攻撃的なサウンド
にしてみたりといった使用法で人気のオクターバー。線の細い

今さら聞けないエフェクターの基礎知識編。というもの。 原音に対してオクターブ下。もしくはオクターブ下の音を追加し
て。厚みを出すことの出来るエフェクターです。 –オクターバーが
オクターブ下の音を追加するのに対して。ピッチシフターは原音を好きな音程に
ずらして使えます。 基本的にはバランス。アンバランスについてはで
詳しく知る事が出来ますが。簡単に言うと「バランスの方がノイズに強い」の
です。エフェクターの接続順歪み&ピッチシフターオクターバー。ですが。今試しに適当に検索してみたところ。歪み系とピッチ系のエフェクター
の接続順については意見が分かれているようです。 私は過去にファズとと
ワーミーを同時に使っていた時期があったので。今回はその時のことを思い出し
つつ

ピッチシフターとオクターバーについてです。いずれかを含む。ピッチシフターとオクターバーについてです ピッチシフター

素晴らしい説明ですね。下の方、ピッチシフターは原音ももちろん残せます。原音のオクターブ上下、5度上下が出来、インテリジェンスタイプなら長短の3度上下のハーモニーも可能です。まあ、細かい機能は機種によりますけどね。反対にオクターバーは原音とオクターブ下しかだせません。そもそもは歪み系エフェクターの低域倍音を強調する事で原音と分離して聴こえるようにした感じです。なので、何気に少し歪みます。ほぼ皆さんの説明の通りですが、>ピッチシフター:オクターブ下で設定したら1オクターブ下の音しか鳴りません。原音+オクターブ下の2音鳴らす事も出来ますよ。またDIGITECH社のワーミーdtなら、原音+オクターブ上もOKです。またピッチシフター機能の他に、ダウンチューニング機能もあるので便利です。またオクターバーだと、機種によっては原音+1オクターブ下+2オクターブ下の計3音鳴らせられるのもあります。実機を見たことは無いが自分はピッチシフター+オクターバー+ダウンチューナーの3機能がついたワーミーDTを持ってます。ダウンチューニングの時、ギターを持ち替えなくてもいいのが助かります欠点は大きすぎるぐらいです。ピッチシフターで1オクターブ下の音にすることができる機種はかなり多いと思われます。しかし、オクターバーと全く同じではありません。ピッチシフターは、信号の周波数を分析し、その周波数と一定の比になっている周波数の信号を作り出すものです。周波数分析の精度が高ければ、分析に時間がかかりますから、動作が遅れます。遅れが気にならない範囲にとどめると、音程正確さが損なわれます。 オクターバーで1オクターブ下の波形を作るのは、分周回路を用います。周波数を半分にする回路で、ピッチシフターよりは応答がやや速いものです。分周回路の波形は、方形波。これを「ローパスフィルターで丸みを持った波形にする」方法と、「分周後の方形波でスイッチングすることで断続波形にする」方法があります。前者は、クリーンな正弦波に近い最低音の追加、後者は、高調波の含有率の比率を一定のままオクターブ下げるため原音のニュアンスが残りますが、スイッチングによる波形の不連続が雑音っぽく響きますから、さらにフィルターで高い周波数を削るようにしています。 元の音が、和音であったり、歪みが強くて、高調波が多い場合には、どちらも誤動作して、本来のオクターブ下の音以外の多くの音が出てきます。このとき、音程の揺らぎのような感じになりやすいのがピッチシフターの方です。 というわけで、仕組みの違いによるサウンドの違いがあるため、ピッチシフターでオクターバーを代用してもきっと満足できないと思います。 なお、音程が確かで遅れも無く、高調波の比率も元の信号と全く同じという仕組みは、原理的には可能です。方法は、原信号をサンプリングし、記録するタイミングの倍の時間経過で記録を再生するわけです。記録と再生は同時にスタート。ピッキングノイズを同時再生の終了兼次の同時記録同時再生のスタートトリガーとして用いるのですが、弱音や、ハンマリング音では、ずれが累積してゆく問題が解決できていません。また、ロングサスティンが、さらにロングのサスティンになるため、途中で次の音に移るとき、強めのサスティンがプツッと切れるようになります。このような問題があることは、実験回路で確認されています。しかし、かなり有力な方法なので、そのうち市販品が出来ると思います。もうできているかも知れませんが、その場合には私の調査能力不足です ベースギターできちんと根音を出し、それがバンド全体の和声に厚みを持たせるという用途でオクターバーやピッチシフターをご検討かと思います。でも、エフェクターに頼るより、ベースギターの最低音の周波数に耐えられるような周波数特性を持ったベースアンプキャビネットスピーカーを使うなどの本質的な対策の方がずっと良いサウンドになることが期待できます。5弦ベースではかなり厳しい要求になるので、PAさんの力を発揮してもらうことになるかも知れません。 4弦ベースでは40Hz、5弦ベースでは30Hz。このあたりが最低音ですが、きちんと出せるスピーカーはかなり大きくて重いものになりがちです。そもそもピッチシフターが何なのか理解してないようです。ピッチシフターはその名の通りピッチをシフトさせるエフェクターなので1オクターブ下で設定したら1オクターブ下の音しか鳴りません。オクターバーは1オクターブ下の音を足すような役割なので原音も鳴ります。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です